HOME > イベント > 比治山大学特別公開講義 「少女漫画家 竹宮惠子 竹宮惠子の世界 ~私のマンガ人生~」

イベント

比治山大学特別公開講義 「少女漫画家 竹宮惠子 竹宮惠子の世界 ~私のマンガ人生~」

52.0
2.6
1 2 3 4 5

この度、比治山大学では10月30日(日)に漫画家の竹宮惠子先生による特別公開講義「竹宮惠子の世界 ~私のマンガ人生~」を開催いたします。
本学は2012年度にマンガ・キャラクターコースを新設、翌2013年度には広島市と「広島のメディア芸術の推進にかかる連携協定」を締結し、市との共催でマンガ家・アニメーション作家等の講演会や中学校等でのマンガやアニメーションの教育などに積極的に取り組んでいます。
この度、初の広島講義となる竹宮先生の特別公開講義が実現します。今年に入り、自伝『少年の名はジルベール』や『竹宮惠子カレイドスコープ』など立て続けに刊行された先生から、市民やこれからのマンガ業界を担っていくマンガ家を目指す若者たちへ、デビュー秘話やマンガ家生活、そして作品に込めた想いなど、画業50年に迫り、様々なお話をたっぷり語っていただきます。
ありそうでなかった今回の記念すべき広島初講義はマンガ好き必聴です。
みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。

<竹宮惠子 プロフィール>
漫画家/京都精華大学 学長
1950年徳島県生まれ。68年、『週刊マーガレット』(集英社)の新人賞に佳作入選した「リンゴの罪」でデビュー。代表作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』で小学館漫画賞受賞。両作品は共にアニメ化されている。
また、少女マンガだけでなく少年マンガや企業マンガなどさまざまなジャンルで活躍。2000年に京都精華大学の教員となり、マンガ制作の技術指導に加え、カリキュラムや教材作成などマンガ教育の体制づくりに尽力。
また、文章では理解しにくい情報をマンガで描く「機能マンガ」や、史料性の高い複製原画「原画’(げんがだっしゅ)」の研究にも取り組んでいる。
08年からマンガ学部長を務めた後、2014年に学長就任。同年に「紫綬褒章」を受賞。 

開催日時 2016年10月30日(日) 13:30~15:00(開場:13:00)
定員:300名(事前申し込み不要、先着順)
会場名 比治山大学6号館 1階06106教室
住所 広島市東区牛田新町4丁目1-1
アクセス アストラムライン不動院前(比治山大学前)から700m
料金 入場無料
お問い合わせ先 比治山大学
TEL 082-229-0121
URL http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/bjtu1/index.html

みんなのコメント

コメントを書く


まだコメントはありません。

周辺の情報を表示する
  • 見どころ
  • グルメ
  • 宿泊
  • ショッピング
  • 交通拠点
  • 駐車場

皆さまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

現在地からのルートを見る

ページのトップへ


観光地・施設検索

  • 地図から探す
  • 名称一覧から探す

イベントカレンダー