HOME > グルメ > 広島の料理 > 広島お好み焼

グルメ

広島お好み焼

広島の名物料理と言えば、「広島お好み焼」です。

小麦粉を溶いたものに、野菜や豚肉を乗せたり、混ぜたりして焼く料理は他にも「関西のお好み焼」や「もんじゃ焼(東京)」などがありますが、広島お好み焼は広島だけの独特の製法で作ります。

まず、大きな鉄板の上で小麦粉を溶いた生地を薄く円形状に伸ばして焼き、その上にキャベツ、もやし、ねぎなどの野菜をたっぷりと乗せて蒸し焼きにします。その上にそばを重ねて焼き、お好み焼用のソースを塗り青海苔を振りかけて完成です。

お店に入って、鉄板の前に座れば、実際に調理しているところを見ることもできます。
>>動画「広島お好み焼きが出来るまで

一般的なメニューはそばに肉、卵を入れた「そばにくたま」と呼ばれ、おおよそ700円前後(1枚)で食べることができます。
そばの代わりに「うどん」を入れた「うどんにくたま」も定番メニューの1つで、他にチーズやもち、かきをトッピングすることもできます。


広島お好み焼の構造

代表的な広島お好み焼の構造
上から
・卵
・そば
・豚バラ肉
・ねぎ
・もやし
・キャベツ
・小麦粉を薄く溶いた生地

広島お好み焼では専用のソースがおいしさを引き立てますが、このソースも店ごとに異なり、そのお店オリジナルのソースを作っている店もあります。ソースが少ない時は付け足すこともできます。このソースはお土産に買える店もあります。

食べるときには、「鉄板」と「皿」があります。鉄板の上の広島お好み焼をそのまま食べるスタイル、皿は焼きあがった広島お好み焼をお皿に移し変ってから食べます。

食べる道具も「へら」と「はし」があります。へらはスプーン状の鉄板で、自分で広島お好み焼を切って、へらですくって食べますが、少々コツが必要です。

市内いたるところに広島お好み焼屋さんがあり、お好み村やおこのみ共和国ひろしま村,ひろしまお好み物語駅前ひろばのように複数の店が一箇所に集まった店舗もあります。メニューに広島お好み焼だけを出している店もあれば、焼肉や炒め野菜、焼かき、おでんなどサイドメニューを持っている店もあります。

みんなのコメント

コメントを書く

2013年04月09日 みっちゃん総本店 きっどさん
このコメントが参考になった人...

私のオススメは「みっちゃん総本店」です。でも週末は混んでるかも・・・。
そんなときは、八丁堀福屋の地下にある支店が穴場です。

このコメントは参考になりましたか? いいえ

関連リンク

皆さまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページのトップへ


観光地・施設検索

  • 地図から探す
  • 名称一覧から探す

イベントカレンダー