HOME > News & Topics一覧 > オバマ大統領の広島訪問関連展示(メッセージ・折り鶴・写真パネル ) の展示期間を延長します

News & Topics

オバマ大統領の広島訪問関連展示(メッセージ・折り鶴・写真パネル ) の展示期間を延長します


アメリカのバラク・オバマ大統領は、2016年(平成28年)5月27日、核兵器保有国の現職の国家元首として初めて、平和記念公園と広島平和記念資料館を訪れました。広島平和記念資料館では、被爆し白血病で亡くなった佐々木禎子さんが病気の回復を願って折った鶴など数点の展示を見た後、自らが折った鶴4羽を広島市へ贈り、核兵器廃絶へ向けたメッセージを記しました。

資料館では、6月9日からこのメッセージと折り鶴を本館北側ギャラリーで展示しています。
また、6月30日からは外務省及び広島市広報課から提供を受けた写真を含むパネルを追加して併せて展示しています。
当初は展示期間を8月31日までとしていましたが、展示の内容を一部変更のうえ、展示期間を延長します。

ぜひご来館いただき、この展示を通して、原爆の被害の実態に向き合い、必ず核兵器のない世界を実現するという思いを心に刻んでいただければと思います。

1 場所
広島平和記念資料館本館北側ギャラリー 中央付近(旧中島町復元図の銅板横)

2 期間
平成29年(2017年)1月31日(火)まで

3 展示資料
・オバマ大統領が記したメッセージ(複製)
・メッセージの傍らに添えられた折り鶴1羽(オバマ大統領が自ら折ったもの)
・オバマ大統領から子どもたちへ手渡された折り鶴1羽
(オバマ大統領が自ら折り、広島平和記念資料館で出迎えた子どもたちに手渡されたもの)
・折り鶴4羽の写真 ・所感を述べるオバマ大統領の写真

《壁面パネル》
・メッセージの傍らに折り鶴を添えるオバマ大統領の写真
・メッセージを記すオバマ大統領と安倍首相の写真
・原爆死没者慰霊碑前で所感を述べるオバマ大統領の写真
・被爆者坪井直氏と言葉を交わすオバマ大統領の写真 

関連リンク

関連ファイル

皆さまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

ページのトップへ


観光地・施設検索

  • 地図から探す
  • 名称一覧から探す

イベントカレンダー