EVENT

イベント

広島県立美術館特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」 

広島県立美術館特別展「レオナルド・ダヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」 

作者不詳(レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく)《タヴォラ・ドーリア》(《アンギアーリの戦い》の軍旗争奪場面)
16世紀前半 フィレンツェ、ウフィツィ美術館(2012年、東京富士美術館より寄贈)
Gabinetto Fotografico delle Gallerie degli Uffizi

広島県立美術館特別展「レオナルド・ダヴィンチと「アンギアーリの戦い」展」 
【開催内容】

レオナルド ・ダ・ヴィンチ未完の大壁画 《アンギアーリの戦い》。この壁画はフィレンツェのシニョリーア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)を飾るために16世紀初頭に発注されたものです。この一連の装飾計画はレオナルドとミケランジェロが戦闘画で競演したエピソードで有名ですが、レオナルドはこの壁画を完成させるとができず、その未完の大作は1560年代にジョルジョ・ヴァザーリの新たな壁画で覆われてしまいました。しかし部分的に描かれていたレオナルドの壁画は半世紀以上も人々の目に触れ、その迫力ある表現は、戦闘画の新基準として、続く世代の芸術家たちに大きな影響を与えました。

本展のメインとなる作品は、レオナルドによる壁画の中心部分であった「軍旗争奪」の戦闘場面で《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》(日本初公開)と呼ばれる16世紀の有名な油彩画です。また、ミケランジェロが構想した壁画の大下絵を模写した、16世紀の板絵《カッシナの戦い 》(同じく日本初公開)も並べて展示します。部分的ではありますが、かつて実現するはずだった夢の競演の再現。さらに、レオナルドの構図に基づく模写や派生作品、壁画に関連する歴史人物の肖像などを通し、レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

開催日時
平成29(2017)年9月5日(火)~10月22日(日)
会期中無休
9:00~17:00
※金曜日は20:00まで 、入館は閉館30分前まで
※9月5日(火)は10:00開場
会場名
広島県立美術館
アクセス方法
路面電車(広島電鉄)「広島駅」電停乗車(「八丁堀」で乗り換え)白島線で「縮景園前」電停下車20m
もしくは
ひろしまめいぷる~ぷ(市内循環バス、JR広島駅新幹線口のりば発着)オレンジルート「県立美術館前」下車(白島線沿い)
料金
一般:1,300円(1,100円)、高・大学生:900円(700円)、小・中学生:600円(400円)
※( )内は前売・20名以上の団体料金
・学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします。
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
お問い合わせ
広島県立美術館
TEL
082-221-6246
FAX
082-223-1444
Website
http://www.hpam.jp/
地図

Route

周辺情報
  • 観光する
  • グルメ
  • 宿泊
  • ショッピング
  • 交通拠点
  • 駐車場・駐輪場
主要な交通拠点からの行き方
  • 広島駅
  • 広島空港
  • 岩国駅
  • 岩国錦帯橋空港
SHARE