EVENT

イベント

オバマ前大統領の折り鶴とメッセージ、本館下から切り取った被爆面の展示【広島平和記念資料館】

【開催内容】
(1)オバマ前大統領の広島訪問関連展示米国のバラク・オバマ前大統領は、平成28年(2016年)5月27日、核兵器保有国の現職の国家元首として初めて、平和記念公園と広島平和記念資料館を訪れました。オバマ前大統領は資料館で、自らが折った鶴4羽を広島市へ贈り、核兵器廃絶へ向けたメッセージを記しました。その際の折り鶴とメッセージ(複製)を展示しています。【展示内容】・オバマ大統領が記したメッセージ(複製)・折り鶴2羽(オバマ大統領が記したメッセージの傍らに添えられたもの1羽、同大統領から子どもたちへ手渡されたもの1羽)・メッセージの傍らに折り鶴を添えるオバマ大統領の写真(2)平和記念資料館本館下から切り取った被爆面丹下健三氏が設計した広島平和記念資料館本館は、平成18年(2006年)に戦後建築として初めて国の重要文化財に指定されました。この建物を地震災害から守るため、現在、耐震改修等工事を進めています。工事に先立ち、平成27年(2015年)11月から平成29年(2017年)3月にかけて埋蔵文化財保護のための発掘調査が行われました。その成果の紹介として、発掘過程で切り取り保存した被爆面を展示しています。 【展示内容】・平和記念資料館本館下から切り取った被爆面・発掘調査の様子と成果を紹介した解説パネルぜひご来館いただき、この展示を通して、原爆の被害の実態に向き合い、必ず核兵器のない世界を実現するという思いを心に刻んでいただければと思います。
開催日時
2017年7月11日(火)~2020年3月29日(日)
会場名
広島平和記念資料館 東館1階 情報コーナー(ミュージアムショップ向かい)
住所
広島県広島市中区中島町1-2
アクセス方法
公共交通機関でお越しの方
●JR広島駅から
・路線バス/所要時間:約20分
 南口バスのりば4番から、広島バス24号(吉島)線「吉島営業所」または「吉島病院」行、「平和記念公園」下車すぐ
・観光循環バス「めいぷる~ぷ」/所要時間:約17分
 新幹線口「めいぷる~ぷ」のりばから乗車、「平和公園前」下車すぐ(オレンジルート・グリーンルートも「平和公園前」を経由します。)
・市内電車/所要時間:約25分
 広島港行(1号線)、「袋町」下車、徒歩約10分
 西広島行(3号線)、 江波行(6号線)、広電宮島口行(2号線)、「原爆ドーム前」下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約15分
●広島空港から
・リムジンバス/所要時間:約70分
 空港ターミナルビル1階到着フロア1番ホームから、広島バスセンター行、終点下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約50分
●広島バスセンターから
・徒歩/約10分
●広島港(宇品港)から
・路線バス/所要時間:約25分
 広島バス21号線広島駅、向洋大原、洋光台団地行、「中電前」下車、徒歩約10分
・市内電車/所要時間:約35分
 広島駅行(1号線)、西広島行(3号線)、「中電前」下車、徒歩約10分
・タクシー/所要時間:約20分
料金
大人(大学生以上)200円(30人以上の場合、1人当たり160円)
高校生100円(20人以上の場合、無料)
中学生以下無料
●観覧料が免除または割引となる方
・未就学児、小学生、中学生は無料です。
・土曜日(ただし、祝日、春・夏・冬休み期間は除きます。)は、高校生は無料です。
・原爆障害者章、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳をお持ちの方が原爆障害者章等をご提示いただいた場合、その介護者の方も合わせて無料となります。
・65歳以上であることが確認できる公的証明書をご提示いただいた場合、100円で入館できます。
TEL
082-241-4004
Website
http://hpmmuseum.jp/modules/exother/index.php?action=PageView&page_id=21&lang=jpn
SHARE