EVENT

イベント

視覚を超えて 八田豊ー90歳、さらなる挑戦【呉市立美術館】

【開催内容】

福井県越前市を拠点に活躍する八田豊(はった・ゆたか)(1930年~)は、金沢美術工芸専門学校(現・金沢美術工芸大学)美術科洋画専攻を卒業後、故郷に戻って教員生活を送りながら、前衛的な創作活動を貫いてきた現代美術家です。50歳代で失明し、その後は絵具がキャンバスの上を流れてゆく音を頼りに、また指先で確かめながら画面に素材を貼り付けるなど、聴覚や触覚による造形へと変遷し、国際的にも高い評価を受けています。八田豊の変化に富んだ多様な表現を多様な表現を、初期から近作までの約90点で網羅的に展覧するとともに、困難に打ち勝つ作家の不屈の生き様を紹介します。



■関連イベント ※いずれも当日の入館券が必要です。
5月開催の関連イベントは中止となっていますので、ご注意ください。)

・[担当学芸員によるギャラリートーク] ※申込不要
日時:523日(日)[※中止]613日(日)、627日(日) 各14:0015:00
会場:展示室内

・[館長講座]日本の戦後美術入門(仮)(全3回)申込不要(入館券1枚で全3回聴講可)
日時:13:3015:00
529日(土)「戦後美術の出発 50年代を中心に」[※中止]
612日(土)「60年代 表現方法の拡大」
626日(土)「70年代 表現の多様化」
講師:横山勝彦(呉市立美術館長)
定員:30
会場:地階講座室

・[創作ワークショップ]
①「さわり心地」を見つけよう ※要事前申込
美術館周辺にある様々なものを触って、自分の好きな触り心地のものの写真を撮ります。参加者同士で写真を共有し、感じ方の違いについて考えます。
日時:65日(土) 13301530
講師:担当学芸員
定員:15
会場:地階講座室、美術館周辺
参加費:無料
持参物:デジタルカメラ

[体験ワークショップ]会期中いつでも参加できます。
①触れてかんじる「流れ」
会期中、一部展示作品に触って鑑賞することができます。
②様々な素材をコラージュ!
素材を貼り付ける八田さんの制作手法を体験します。
出来上がった作品は壁に掲示し、お互いの作品に触れることができます。




開催日時
2021年5月15日(土)~7月4日(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)
会場名
呉市立美術館
住所
〒737-0028 呉市幸町入船山公園内
料金
一般 1,100円(900円)
大学生 500円
高校生以下無料
シルバー割 900円※70歳以上
( )内は前売及び20人以上の団体料金
高校生・大学生は要学生証持参。70歳以上の方、障害者手帳等をお持ちの方は証明書持参で無料
TEL
0823-25-2007
Website
https://www.kure-bi.jp/
SHARE