GOURMET

食べる

食べる食べる

七大海の幸など

全国有数のカキの養殖場として有名な広島湾は、太田川から流入する栄養により、植物プランクトンが多く存在し、また、カキ筏の周辺に魚の餌となるエビやゴカイなどの小動物が多数存在することから、「豊かな里海」と言われています。

この広島湾周辺の瀬戸内海で獲れる代表的な魚介類7種(カキ、アナゴ、コイワシ、クロダイ、オニオコゼ、メバル、アサリ)は、豊かな里海で育った魅力ある食材として「七大海の幸」と呼ばれています。

瀬戸内海は内海であるため、日本の他の港町と違った種類の魚貝類を、一年を通して味わうことができます。魚は食べられないところがないと言われるくらい、刺身、煮付け、焼き魚、フライ、天ぷら様々な料理方があります。

冬から春先にかけてとれる広島名物が子いわし(カタクチイワシ)です。刺身にして、しょうが醤油をつけて食べると大変美味しく、広島名物の料理のひとつです。また、てんぷらも料理も一般的な料理です。
春から初夏にかけて旬と言われる鯛料理も有名です。活き造りはもちろん、塩焼き、炊き込み飯などが有ります。
タコ料理も豊富で、刺身をはじめ、天麩羅、たこの刺身にわさびを和えたたこわさび(たこわさ)、煮付けなどバラエティに富んだ調理方法があります。
貝では、あさりやしじみが一般的で、日本酒と一緒に蒸した酒蒸し(さかむし)や味噌汁などがメニューです。他にも、イカやメバル、カンパチなど何種類もの旬の魚を食べることができます。

通常、お店ののれんや看板には「瀬戸内料理」と書かれている場合が多いのですが、和食専門の店ではない居酒屋でもこれらのメニューを扱っているお店は多くあります。
また、仕入れの状況などで店がおすすめする料理が日々、変わるので、お店の人にその日のおすすめ料理を聞いてみるのもよいでしょう。

あさり(七大海の幸)
あさり(七大海の幸)
  • 広島市

うま味成分が多く、だしがおいしいため、味噌汁や酒蒸しなどが定番です。
一年を通して獲れますが、春が旬と言われています。

あさりの代表的な料理
酒蒸し
プリプリとした身で、旨みの濃いアサリを、シンプルな酒蒸しで。旨みが溢れる汁と一緒に召し上がってください。
メバル(七大海の幸)
メバル(七大海の幸)
  • 広島市

「春告魚」とも呼ばれ、春を彩るタケノコやふきと煮付けにすると、食卓にも春が訪れます。

メバルの代表的な料理
煮付け
脂ののったメバルを煮付けで。メバルを美味しく食べる最もポピュラーな料理です。
はぶて焼き
一晩置いたメバルの煮付けの表面を直火でこんがり焼いた「はぶて焼き」は、 知られざる広島の郷土料理です。味のしみた表面が香ばしく焼き上がり、一味違った美味しい食べ方です。
あなご(七大海の幸)
あなご(七大海の幸)
  • 廿日市市

広島湾で中国山地の栄養分を受け、やわらかな味わいに育ったあなごです。
うなぎの半分の脂肪でさっぱりしていて、味付けが自在なところが魅力です。

あなごの代表的な料理
焼きアナゴ
アナゴの旨みが凝縮したタレをつけて、香ばしく焼いた広島名物の焼アナゴ。そのまま食べても、丼にしても最高の一品です。
小いわし(カタクチイワシ)(七大海の幸)
小いわし(カタクチイワシ)(七大海の幸)
  • 広島市

小いわし料理は広島の代表的な郷土料理の一つで、刺身や天ぷらなどで食べられています。
「七度洗えばタイの味」といわれ、繰り返し冷水で洗うことにより、ぐっと身が引き締まります。また、イリコ(煮干し)として「ダシ」の役割も果たします。

小いわしの代表的な料理
刺身
新鮮なコイワシが流通する広島ならではの郷土料理。おろししょうがと一緒に食べる刺身は、広島の夏の風物詩となっています。広島に来たらぜひ食べていただきたい一品です。
天ぷら
あつあつホクホクのコイワシの天ぷらは、コイワシ料理の中で、刺身と肩を並べる名物料理です。天つゆ、塩はもちろん、ポン酢でも美味しく召し上がれます。
くろだい(チヌ)(七大海の幸)
くろだい(チヌ)(七大海の幸)
  • 広島市

「チヌ」とも呼ばれ、釣りの対象魚として人気です。冬場は「寒チヌ」と呼ばれ、脂がのって大変美味しくなります。

くろだいの代表的な料理
炊き込みご飯
全国有数の漁獲量を誇る広島のクロダイを使った炊き込みご飯。カキ筏の周りで豊富な餌を食べて脂ののったクロダイから出る旨みを堪能できる料理です。
刺身
冬のクロダイは「寒チヌ」と呼ばれ、脂がのって、大変美味しくなります。プリプリとした食感とその味わいをぜひお刺身で。
オニオコゼ(七大海の幸)
オニオコゼ(七大海の幸)
  • 広島市

見た目はあまりよくありませんが、身は味わいのある、きれいな白身の魚です。
唐揚げや刺身、鍋物にもぴったりでくせのない上品な白身がグルメをうならせています。
【旬】10月~5月

オニオコゼの代表的な料理
刺身
見た目からは想像できない、上品な白身のオニオコゼ。フグにも負けない美味しさです。湯がいた皮や肝も美味しく召し上がれます。残ったアラを使った汁も食べるのが、「通」な食べ方です。
唐揚
丸ごと揚げた唐揚げは、ふっくらとして上品な味わいを楽しめます。カラッと揚がったひれも美味しく召し上がれます。
カキ(七大海の幸)
カキ(七大海の幸)
  • 広島市

全国生産量の約6割が広島県産という、広島グルメの代表格。餌となる植物プランクトンが豊富な広島湾の牡蠣は、身がプリッとしていて味が濃厚です。

カキの代表的な料理
焼き牡蠣
カキの風味と素材の美味しさを一番堪能できる焼きがき。殻に残った汁の最後の一滴までご堪能ください。
鮎
  • 安芸太田町

広島県廿日市市(旧吉和村)の冠山(標高1,339m)を源流とし、瀬戸内海に注ぐ全長103kmの一級河川である太田川で育った、天然鮎。特産品としてはお酒によく合う「干し鮎」「うるか」などがあります。

いりこ
いりこ
  • 周防大島町

周防大島諸島のひとつ浮島のいりこは、全国有数のブランドとして有名です。
鮮度が命のいりこを作るため、獲れたてのいりこはすぐに加工場に運ばれ、数分間煮熟した後にうま味を逃がさないよう乾燥機で乾燥されます。
さらに工場内で陰干しされたあと「いりこ」となり、熟練された人の目によって形の悪いものや脂の回ったいりこなどが取り除かれ、品質別に箱や袋に詰められ出荷されます。

太田川のしじみ
太田川のしじみ
  • 広島市

広島のしじみといえば「太田川しじみ」。大粒で味が良いと高い評価を得ています。
「土用しじみ」と呼ばれ夏が旬。美味しいだけでなく、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれ、味噌汁にしていただくと、滋味が五臓六腑にしみわたります。

太刀魚
太刀魚
  • 周防大島町

タチウオは全身にうろこがなく、銀白色の細長い体型が特徴です。名前の由来は、刀や剣に似ているからという説や、立って泳ぐからなどの説があります。お刺身や塩焼き、フライなどにして食べられます。

あたたハマチtoレモン
あたたハマチtoレモン
  • 大竹市

大竹市阿多田島は広島県内一位のハマチの養殖収穫量を誇ります。「あたたハマチtoレモン」は、全国一の生産量を誇るレモンを餌に混ぜて育てられたハマチです。
餌にレモンを加えることで、鮮度が落ちにくくなり、魚独特の臭いを抑える効果があります。
また、身には柑橘の風味がつき、熱を加えると柑橘の風味が増し、旨味も強くなるという特徴があります。刺身はもちろん、しゃぶしゃぶなどもお勧めです。

SHARE