ひろしま市民パブリシスト

HIROSHIMA PUBLICIST

広島の夏の訪れを象徴するお祭り「ゆかたできん祭」 H29.6.2(金)

市内中心部の商店街「本通(ほんどおり)」を華やかに彩るゆかた姿のパレード。広島観光親善大使のあでやかな3人を先頭に、めったに目にできない、松井市長の粋なゆかた姿も見えます。

IMG_8427.jpg

これは、「ゆかたで歩く。ゆかたで踊る。ゆかたで遊ぶ。」をキーワードに6月の第1金曜日から3日間、市内中心部で行われる市民参加型の祭り「ゆかたできん祭」初日に行われるパレードです。ちょっと誇らしげにほんのり恥らいながら歩く参加者も、カメラを向けたり手を振ったりと賑やかに行き交う人々も、「今年も夏が来たぞー」と思わず力をみなぎらせている様子です。

IMG_8406.jpg

横断歩道を渡るパレードの隊列。

安芸ひろしま武将隊の姿もあり、おそらくこの日しかみることのできない光景です。

ゆかたできん祭は、毎年6月に中区三川町にある円隆(えんりゅう)寺の稲荷(とうか)大明神で開催される夏祭り「とうかさん」の時期に合わせて行われます。

初夏の風物詩としてすっかり定着したこのお祭りも、スタートして早14年。年々新しいイベントが加わり、参加者も新鮮な出合いを楽しんでいます。若い女性の間では、この日に着るゆかた選びにあれこれと悩むのも季節ならではの楽しみとか。うれしいことに、祭りの期間は街のあちらこちらに「ゆかたを直しんさい」というコーナーがあり、ワンコイン(500円)で着付けと着くずれのお直しをしてくれるんです。

IMG_8366.jpg

パレードに先駆けて紙屋町シャレオで行われたオープニングイベント。

観光親善大使が「ゆかた名誉大使」に任命されました。

通りには多くの屋台も軒を連ね、おいしそうな香りが食欲をそそります。

今年は特に外国人の多さも感じました。浴衣姿の女性たちをモデルにカメラを向ける彼らにも、広島の素敵な夏の思い出ができたことでしょう。

笑顔あふれるまちの風景に、平和の大切さをかみしめました。

ひろしま市民パブリシスト

アネモネ

SHARE