中国軍管区司令部跡(旧防空作戦室)(被爆建物)

1871年(明治4年)、明治政府により城郭に鎮西鎮台の第1分営が置かれたことをきっかけに、次第に城郭の周りに軍事施設が集結してきました。
大陸での戦闘に向け鎮台から師団に改編。1888年には第5師団として歩兵11連隊、砲兵隊、騎兵隊などが配備され、基町周辺は一大軍事拠点となりました。
1894年に日清戦争が始まると、本丸に大本営が置かれました。
1945年6月、中国軍管区司令部に昇格。本丸下段には司令官室や参謀部のある1号舎のほか、比治山高等女学校の生徒が宿泊していた宿舎、半地下の防空作戦室がありました。爆心地から790メートルで被爆。半地下の防空作戦室も爆風で破壊されましたが、被害の第1報はここから発せられました。


通信指令室内mini.jpg

中国軍管区司令部跡内の様子


通信指令室内2mini.jpg
中国軍管区司令部跡内の様子

(見学のお申し込みは広島市みどり生きもの協会(Tel:082-228-0811 Fax:082-228-1891)まで。)

◆施設内部見学の中止のお知らせ◆
施設内部は老朽化によるコンクリートの剥離等が進行しており、剥落の恐れがあることから、施設内の見学を中止しています。

INFORMATION

住所
〒730-0011 広島市中区基町21
TEL
082-242-7831
URL
http://www.midoriikimono.jp/park.html
お問い合わせ先
市民局国際平和推進部平和推進課 (見学のお申込みは広島市みどり生きもの協会まで。)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「紙屋町東」下車北へ徒歩15分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています