三瀧寺・想親観音堂・鐘楼・稲荷社・三鬼権現堂・鎮守堂(被爆建物)

江戸末期から明治初期にかけて竣工された木造の建物が多く、谷間に想親観音堂や鐘楼、稲荷社、三鬼権現堂、鎮守堂などが点在しています。1945年8月6日、爆心地から3.18(稲荷社)〜3.30(鎮守堂)キロメートルで被爆。原爆の強い爆風が斜面をかけ上ったため、境内の建物に大きな被害をもたらしました。本堂は屋根や建具などが破損し、応急修理をしていましたが、1968年(昭和43年)に再建されました。

INFORMATION

住所
〒733-0805 広島市西区三滝山411
TEL
082-237-0811
アクセス
横川駅からJR可部線「三滝駅」下車徒歩20分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています