真幡神社(黄幡社)(被爆建物)

南区北大河町の山の麓に建つ真幡神社は、地元では黄幡社(おうばんしゃ)として親しまれています。建てられたのは、1930年(昭和5年)頃です。1945年(昭和20年)8月6日、爆心地から3.44キロメートルで被爆しました。

※真幡神社(黄幡社)に関するお問い合わせは、邇保姫神社(082-281-4538)まで。

INFORMATION

住所
〒734-0042 広島市南区北大河町23-17
TEL
082-281-4538(邇保姫神社)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車「皆実町二丁目」下車徒歩20分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています