栄橋(被爆橋梁)

京橋川に架かる栄橋は、1930年(昭和5年)10月に完成しました。橋桁は、鉄筋コンクリートで、隣には栄橋より少し早く、1924年(大正13年)に完成した栄橋水管橋が架かっていました。1945年(昭和20年)8月6日、爆心地より1.51キロメートルで被爆。ちょうど橋の延長上に爆心地がある位置になります。栄橋も栄橋水道橋も原爆に耐えましたが、両岸は猛火に包まれました。

INFORMATION

住所
広島市南区
アクセス
広島駅南口から徒歩5分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています