平和の時計塔

建立年月日 昭和42年(1967年)10月28日

3本の鉄柱がそれぞれ60度ずつひとひねりした塔上に、球体の三方を向いた時計が乗っています。(高さ約20m)
広島鯉城ライオンズクラブが原爆ドームの永久保存に呼応して建設したもので、人類が初の原爆の洗礼を受けた時刻、8時15分に、毎日全世界に向けこの時計塔のチャイムが「ノーモアヒロシマ」を強く訴えています。

このチャイム音は、環境庁の、「残したい日本の音百選」に平成8年(1996年)選定されました。(平和記念資料館に展示され8月6日の平和記念式典で使用される鐘と「平和の鐘」を加えた全体の音風景が対象)

この近くの碑や施設など
遭難横死者慰霊供養塔
原爆供養塔
平和の鐘

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

INFORMATION

住所
〒730-0811 広島県広島市中区中島町1番(相生橋南詰)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「原爆ドーム前」下車
相生橋連絡橋南詰すぐ。

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています