平和の鐘

建立年月日 昭和39年(1964年)9月20日

核兵器と戦争のない世界の達成をめざし、その精神文化運動のシンボルとして「原爆被災者広島悲願結晶の会」が建立しました。鐘(故香取正彦(人間国宝)さんの作品)の表面には「世界は一つ」を象徴する、国境のない世界地図が浮き彫りにされています。

撞座は、原水爆禁止の思いをこめて原子力マークにし、その反対側には、つく人の己の心を写し出す鏡が入れられています。

池には、大賀一郎教授が千葉市の遺跡から2000年前の種を掘り出し発芽させた、有名な大賀ハスが植えられています。被爆当時、ハスの葉で傷をおおい、火傷の痛みをしのいだという被爆者の霊を慰めたものです。

環境庁の、残したい日本の音百選に平成8年(1996年)選定されました。(平和記念資料館に展示され8月6日の平和記念式典で使用される鐘と「平和の時計塔」のチャイム音を加えた全体の音風景が対象)

この近くの碑や施設など
平和の石塚
平和の時計塔
遭難横死者慰霊供養塔
原爆供養塔

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

INFORMATION

住所
〒730-0811 広島県広島市中区中島町1番(原爆供養塔北東)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「原爆ドーム前」下車
平和記念公園内、相生橋連絡橋南詰から南にすぐ。

ACCESS

所在地・アクセス情報

地図

Route

周辺情報
  • 観光する
  • グルメ
  • 宿泊
  • ショッピング
  • 交通拠点
  • 駐車場・駐輪場
主要な交通拠点からの行き方
  • 広島駅
  • 広島空港
  • 岩国駅
  • 岩国錦帯橋空港
SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています