平和の像「若葉」(湯川秀樹歌碑)

建立年月日 昭和41年(1966年)5月9日

「まがつびよ
ふたたびここに
くるなかれ
平和をいのる
人のみぞここは」

という湯川秀樹の歌をきざんだ碑です。(「まがつび」とは、災害・凶事を起こす神。)

「中間子理論」を確立した日本初のノーベル賞(物理学賞)受賞者湯川博士は、昭和29年(1954年)アメリカの水爆実験に衝撃を受け、以後、世界科学者会議(パグウォッシュ会議)を開催するなど核兵器と戦争の廃絶を訴え続けました。

「私は、真理の探求ということを誇りに思うし、自信を持っているし、私は一生それを貫いてきた。何の悔いもない。けれど、8月6日のあの事件を聞いたときに、科学者は科学者としての自分に対する責任があることを知った。」(湯川秀樹)

少女と子鹿のブロンズ像は、広島県御調町生まれの彫刻家、円鍔勝三さんの作品です。

この近くの碑や施設など
原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑
嵐の中の母子像
祈りの泉

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

INFORMATION

住所
〒730-0811 広島県広島市中区中島町1番(平和大通り緑地帯、国際会議場南)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「原爆ドーム前」下車
もしくは広島駅から広島バス吉島営業所行き「平和記念公園」下車。
広島国際会議場南側。

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています