平和の灯

建立年月日 昭和39年(1964年)8月1日

東京大学教授(当時)丹下健三氏が設計したものです。
台座は、手首を合わせ、手のひらを大空にひろげた形を表現しており、水を求めてやまなかった犠牲者を慰め、核兵器廃絶と世界恒久平和への願いをこめています。

この火は、昭和39年(1964年)8月1日に点火されて以来ずっと燃え続けており、「核兵器が地球上から姿を消す日まで燃やし続けよう」という反核悲願の象徴となっています。

平成6年(1994年)に広島市で開催されたアジア競技大会の聖火に点火されるなど、各種行事において平和のシンボルとして採火されています。

この近くの碑や施設など
原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)
平和祈念像(草野心平の詩碑)
菩提樹の碑
祈りの像
平和の池

その他
平和記念公園ほかの記念碑・文学碑の一覧

平和の灯 動画

INFORMATION

住所
〒730-0811 広島県広島市中区中島町1番(原爆死没者慰霊碑北)
アクセス
広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「原爆ドーム前」下車
平和記念公園内、原爆死没者慰霊碑北側。

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています