三瀧寺多宝塔(みたきでらたほうとう)(県重要文化財)

三瀧寺の境内は、その名の由来ともなった三つの滝が瀬音を響かせ、深山幽谷の趣きも深く、市民の憩いの場となっています。多宝塔は、三瀧寺に登る参道右手の丘の上にありますが、朱塗りの建物が周囲の木々に映えて非常に美しいものです。
もともと多宝塔は、円筒形の塔身に方形の屋根をかけ、裳階(もこし)をつけたものでしたが、やがて下層は方形、上層は円形という現在の形になりました。上層にある丸い亀腹(かめばら)に、古い塔身の名残を残しています。
三瀧寺の多宝塔は、もともと和歌山県の広八幡神社の境内に建立されていたものを原爆犠牲者の供養のため、昭和26年(1951年)広島に移築したものです。塔の心柱には「大永六年法界衆生の為、之を建つ」と記されていると言われ、この多宝塔が室町時代に造られたことがわかります。蟇股(かえるまた)や下層の四隅の柱などに、室町時代の様式をよく残しています。
この塔が造られた大永年間(1521年〜1528年)頃は、ちょうど戦国時代にあたり、日本国中が戦乱に明け暮れていた時代でした。和歌山県は、京都や大阪に近いこともあって、戦乱も一段と激しかったことでしょう。こうした時代に、この多宝塔を建てた人々の信仰心とは、どんなものだったのでしょう。

指定年月日:昭和43年(1968年)1月12日
概要:三間多宝塔、本瓦葺

INFORMATION

住所
〒733-0805 広島県広島市西区三滝山411
TEL
082-237-0811
アクセス
横川駅からJR可部線「三滝駅」下車徒歩20分

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています