オオサンショウウオ(特別天然記念物)

オオサンショウウオは、カエルやイモリなどと同じ両生類です。押しつぶしたように平たく大きな頭に、2 mmほどの小さな目、頭の周囲全体にわたるほど大きな口をもっています。また、世界の両生類のなかでも一番大きくなる仲間として知られており、最大で1.5mとなり、その標本が安佐動物公園の動物科学館に展示されています。野性では50〜 70cmほどの個体が多く、 1mを超えるのはまれです。

中国、アメリカにも仲間がいます。日本では、岐阜以西の本州と九州の一部に分布し、中国地方はその中心的な生息地として有名です。広島県内では、中国山地のふもとを流れる太田川、江(ごう)の川、高梁(たかはし)川水系の上流域や中流域で多く見つかり、水の流れが緩やかなところを好を好みます。

ところで「オオサンショウウオ(大山椒魚)」の名の由来については、水の中にいる大きな動物(魚)で、植物の山椒のような刺激的な香りのする白い粘液を出すことからきたという説、あるいは山に生ずる魚などの説があります。また広島で言う「ハンザキ」という地方名は、半分に裂いても死なないくらい生命力があると信じられていることや、口を開けると頭が半分に裂けたように見えることからきていると言われます。夜行性で、薄暗くなると昼間の隠れ場所から出てきて、待ち伏せ型の狩りをします。じっと待ち、鼻先にきた魚やカエル、ヘビやネズミまで、水と一緒に飲み込んでしまいます。いろいろな研究から少しずつ彼らのことが分かってきましたが、まだまだ謎に包まれたことが多い動物です。


普段はほとんど隠れた場所から動きませんが、7月頃になると繁殖のために産卵用の巣穴に向けて移動します。8月の初め頃に、オスのうち体格のよい1頭(ヌシ)が巣穴を占有します。産卵期は8月下旬から9月中旬で、このころになると巣穴の周りにたくさんのオオサンショウウオが集まります。巣穴を占有するオスは巣穴に近づいたり、入ってくるオスを激しく攻撃したりして追い払い、巣穴をきれいに掘りなおして産卵のための準備をします。この巣穴に数頭のメスが順番にやってきて産卵し、そのたびに巣穴のまわりに隠れていた複数のオスも入って放精します。メス1頭あたり500個ほどの卵を産みます。

すべての産卵が終わると、巣穴には卵とそれを守る1頭のヌシだけが残ります。卵は50日ほどでふ化しますが、ふ化したばかりの幼生は横たわっていて、ほとんど動きません。巣穴内で3ヶ月ほどを過ごし、泳ぐ力もついてきた1月下旬ごろ、川の流れにのって離散していきます。このとき、約7ヶ月もの長期間巣穴をまもってきたヌシも幼生とともに巣穴を離れます。巣立った幼生たちは4〜5年ほどで30cmくらいになると考えられていますが、この時期の小さな個体はほとんど見つからず、その生態は謎に包まれています。

動物について楽しく学べるイベントも多数開催しています。

指定年月日:昭和27年(1952年)3月29日

INFORMATION

住所
〒731-3355 広島県広島市安佐北区安佐町動物園
TEL
082-838-1111
URL
http://www.asazoo.jp/
営業時間
9:00〜16:30(ただし入園は16:00まで)
定休日
木曜日(祝日の場合は開園) 12月29日〜1月1日
アクセス
広島バスセンター7番のりばからあさひが丘行きに乗車し、「安佐動物公園前」下車
料金
[2014年4月1日~]
大人 510円,大人(65歳以上~)170円,小人(高校生及び相当年齢)170円
団体(30人以上)大人130円,大人(65歳~)130円,小人(高校生及び相当年齢)130円
※中学生以下無料

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています