広島市江波山気象館

気象館本館は、昭和9年に建てられた広島地方気象台の旧庁舎を保存整備したもので、昭和初期の鉄筋コンクリート建築物の特徴を残す貴重な建物として広島市指定重要有形文化財に指定されています。

内部には爆風により割れたガラス片が刺さった壁が保存され、当時の気象台職員による原子爆弾調査の記録などの資料も展示されています。また、爆心地に面した北側の外壁も見学することができます。
映像コーナーでは被爆当時の気象台の様子を描いた小説「空白の天気図」(柳田邦男著)のビデオも上映しています。
現在は、気象をテーマとした博物館として、風の強さが体験できる「突風カプセル」(新型コロナウイルスの影響により休止中)や、雲の中に入ったような雰囲気を味わえる「タイフーンボックス」などの体験展示により、楽しみながらお天気について学ぶことができます。
また、土・日・祝日を中心にサイエンスショーやサイエンスワークショップなど、こどもから大人まで楽しく科学に親しむことができる催しを実施しています。(詳しいスケジュールはホームページ等をご確認ください。)


INFORMATION

住所
〒730-0835 広島市中区江波南1-40-1
TEL
082-231-0177
URL
https://www.ebayama.jp
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日(土・日・祝日の場合は開館)など
12月29 日 〜 1月3日 ※臨時休館あり
アクセス
広島駅から広島電鉄江波行き「江波」終点下車、約1000m(江波山頂上・標高30m)
または「本通」で広電バス江波方面行きに乗換え、「江波栄町」バス停下車、約500m
料金
個人/大人 100円、シニア (65 歳以上)・高校生 50円 、中学生以下無料
団体(30名以上)/大人 80円、シニア (65 歳以上)・高校生 40円
※シニア料金は公的証明書による年齢確認が必要です。
※団体で予約の場合、被爆関連展示の説明、団体向けサイエンスショー等が可能( 要電話予約)ですが、申込状況によってご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

新型コロナウイルス対策のため、団体のご利用申込をお受けできない場合があります。詳しくはホームページでご確認いただくか、お電話でお問い合わせください。
バリアフリー情報
  • スロープ
  • 貸出用車いす
  • 車いす使用者用エレベーター
  • 車いす使用者用トイレ
  • オムツ交換台

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています