武田山(たけだやま)

標高:410.5m

安芸の守護(しゅご)であった武田氏の本拠銀山城(かなやまじょう)の築かれていた山を、武田氏にちなんで武田山と呼ばれています。この武田山とその周辺は、戦国期に毛利氏が広島に本拠を移してそこに城下町を築くまで、中世を通じて安芸国の政治や経済の中心地として繁栄しました。
この山には、今でも城跡など昔をしのぶ数多くの史跡が点在し、JR可部線・下祇園駅から北西へ武田山憩いの森経由で約80分かけて登ることができます。標高410.5メートルの山頂からは、ふもとに広がる祇園の町、ゆったりと南流する太田川、高層ビルが林立する市街地を一望できます。さらに向こうには、絵のような島々が浮かび、光輝く瀬戸内海の絶景が続きます。

INFORMATION

住所
〒731-0100 広島市安佐南区祇園
アクセス
JR可部線「下祇園駅」から徒歩

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています