三滝山(みたきやま)

標高:356m

戦国武将で優れた茶人でもあった広島藩家老上田宗箇(1563〜1650年)が上屋敷に設けた茶室(和風堂)および藩主の別邸(縮景園)の借景として、元和7年(1621年)山頂に赤松を植えたものが宗箇松と呼ばれ、山は三滝山(宗箇山)として親しまれるようになりました。
また、「新庄山」と呼ばれていたこともあります。

INFORMATION

住所
広島市西区三滝山
アクセス
JR可部線「三滝駅」から徒歩

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています