日浦山(ひのうらやま)

標高:345.4m

日浦山は船越、海田、畑賀の3地区に接し、古くは「火村山」「日野浦山」「日裡山」などと呼ばれていました。戦国時代、阿曽沼氏の鳥籠山城を支えた城山のイメージが強いのですが、南北朝初期には備後、石見、安芸の宮方連合軍数万が籠城、武家方武田氏と壮烈な争いをした記録もあります。頂上からの眺望は素晴らしく、呉婆々宇連峰や蓮華寺山、鉾取山連峰、瀬野川流域から海田湾まで望むことができます。奇岩奇石も多く、地獄岩や阿曽沼隆郷自刃の刀を納めたといわれる(「芸藩通志」)巨岩があります。

INFORMATION

住所
〒736-0089 広島市安芸区畑賀町
アクセス
JR山陽本線「海田市駅」から徒歩
JR山陽本線「安芸中野駅」から徒歩

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています