広島市似島臨海少年自然の家

【似島臨海少年自然の家】
主に広島市内の小・中学生を対象とした野外活動施設です。自然の家は、似島の豊かな自然の中で集団宿泊生活を行うことで、情操や社会性を身につけ、心身を鍛錬し、少年の健全育成を図ることを目的に設立された施設です。

似島臨海少年自然の家では、野外炊飯、キャンプファイア、近隣の海浜でのローボート漕艇や海カヌー、各種フィールドゲーム(ディスクゴルフやグリーンアドベンチャーなど)の活動ができます。
体育棟には、屋内ファイアができるプレイホール、一度に60人が学習できる研修室があります。
また、施設内にはウォータースライダーを備えた流れる海水プールがあり、遊泳期間7/2(火)〜9/10(火)にはプールで楽しむことができます。
カヌー期間4/2(火)〜6/25(火)・9/11(水)〜11/30(土)ではプールでカヌー体験をすることができます。(それぞれの期間は平成31年度の予定です。)

似島臨海少年自然の家のある場所には、元々「似島陸軍第二検疫所」という陸軍の施設が設けられ、そこでは帰還した兵士たちの検疫が行われていました。また、ある時代にはドイツ人俘虜(捕虜)収容所も併設され、菓子職人のカール・ユーハイム、ソーセージ職人のヘルマン・ウォルシュケ、サッカー選手のフーゴー・クライバーも収容されていました。菓子職人のカール・ユーハイムは日本で初めてバウムクーヘンを作り、現在の原爆ドーム(物産陳列館)でのドイツ人捕虜による展示即売会に出品しています。似島臨海少年自然の家では、当時と同じ材料と同じ方法でバウムクーヘン作り体験をすることができます。(要予約)

小・中学生の野外活動利用のほか、家族やグループなど一般の人も利用できます。

【宿泊棟】
A棟・B棟(和室)/宿泊室(8部屋)<各8人>・リーダー室(1部屋)<4人>
C棟(2段ベッド)/宿泊室(8部屋)<各8人>・リーダー室(1部屋)<4人>・研修室(1部屋)<30人>
【キャンプ場】
バンガローテント固定式12人用×10基<120人>

INFORMATION

住所
〒734-0017 広島市南区似島町字東大谷182
TEL
082-259-2766
URL
http://www.cf.city.hiroshima.jp/rinkai/
営業時間
通年
定休日
毎週月曜日、祝日の翌日、 12月29日〜1月3日、 8月6日
※臨時に開所することもあります。
アクセス
広島駅から広島電鉄電車5号線広島港行きに乗り、「広島港」電停で下車し、似島行きフェリーに乗船。似島港から徒歩20分もしくは似島学園港から徒歩15分。
料金
詳細はお問い合わせください

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています