戸坂供養塔

【建立年月日】昭和20年(1945年)10月
【建立者】戸坂村
【来歴】戸坂地区は爆心地から比較的離れているため、原爆による大きな被害はありませんでしたが、被爆後には市内中心部から避難してきた多くの被災者の救護に村民を始め、戸坂国民学校(現在の戸坂小学校)に所在していた陸軍病院戸坂分院の軍医などが当たりました。地区内で死亡した約600人は、村民などにより荼毘に付され、1945年10月遺骨が長尾山に仮埋葬され、そこへ標識として供養塔が建てられました。遺骨は1959年4月平和記念公園内の原爆供養塔に納められました。1995年4月には供養塔が現在地に移設されました。

INFORMATION

住所
東区戸坂桜上町20番(正池平墓地内入口付近)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています