原爆65周年追憶碑

【建立年月日】平成22年(2010年)8月6日
【建立者】東照宮
【来歴】作家の原民喜氏は、幟町の生家で被爆し、7日夜は親族とともに東照宮境内で一夜を過ごしました。その際、被爆当日の惨状の様子をメモに残しました。碑には、そのメモの抜粋などが刻まれています。

INFORMATION

住所
広島市東区二葉の里二丁目1番18号(東照宮参道、石段手前)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています