護法の碑

【建立年月日】昭和38年(1963年)11月23日
【建立者】教専寺
【来歴】天神町(現在の中島町)は爆心地から近距離に位置していたため、原爆の直撃を受けて全壊・全焼しました。天神町にあった教念寺へ出かけていた教専寺の総代世話係12人と役僧1人が犠牲になりました。碑背面には、犠牲者13人の名前が刻まれています。

INFORMATION

住所
西区草津本町15番14号(教専寺境内)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています