二葉山平和塔(仏舎利塔)

二葉山平和塔は、人類の幸福と戦争のない世界の恒久平和を念願し、原子爆弾の犠牲者の冥福を祈るため、広島駅北側の二葉山山頂に、昭和41(1966)に建立されました。
塔内には、インドの故ネール首相から贈られた仏舎利一粒、セイロン国(現スリランカ)から贈られた仏舎利一粒、モンゴル仏教徒から贈られた仏舎利一粒が奉安されています。正面の仏像はセイロン国から贈られたものです。
ここからは、広島の街や瀬戸内海を見渡すことができます。

【建立年月日】1966年(昭和41年)8月5日
【建立者】日本山妙法寺、地元有志
【来歴】世界の恒久平和を念願し、原子爆弾の犠牲者の冥福を祈るため建立されました。

仏舎利塔正面
セイロン国(現スリランカ国)から寄贈された仏像

仏舎利塔東側
東側から見た平和塔

平和塔から見える広島市街地
平和塔からは広島市街地が一望できる

INFORMATION

住所
広島市東区光が丘1番

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています