旧陸軍運輸部馬匹検疫所焼却炉の遺構碑

【建立年月日】1991年(平成3年)2月
【建立者】広島市
【来歴】1945年(昭和20年)8月に推定一千体の遺体を焼いたとされる旧陸軍馬匹検疫所の跡地の馬体焼却炉(現在、広島市似島住宅)を、1990年(平成2年)9月に発掘調査し原爆死没者の骨片を収集しました。1991年(平成3年)、市民の要望により馬体焼却炉の一部を現在地に移設保存しました。

INFORMATION

住所
南区似島町(広島市似島臨海少年自然の家東)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています