佐伯区原爆死没者慰霊碑

【建立年月日】1995年(平成7年)7月2日
【建立者】広島市原爆被害者協議会佐伯支部
【来歴】被爆50周年を迎えるに当たり、広島市原爆被害者協議会佐伯支部会員の永年の願いであった碑建立が実現しました。波形の曲線を持つ碑を、佐伯区を構成する旧5町村から集められた石の5重の輪が取り巻き、それに旧広島市役所庁舎の被爆石10個が配されています。被爆後から碑建立までに亡くなった1万人近い名簿は碑前の地下に埋納されています。碑とそれを囲む5重の石の輪には、被爆50周年の節目の年に、平和を希求するヒロシマの声が佐伯区から天高くのぼり日本全国へ、さらに全世界へ波及するようにとの願いが込められています。碑前に立って、50年前の惨禍とヒロシマの願いをじっくりと考えてほしいという思いが、2個の被爆石に刻まれた簡潔な碑文に凝縮されています。

INFORMATION

住所
佐伯区五日市中央六丁目1番(五日市中央公園内北東)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています