毛利氏城跡

毛利氏城跡は、郡山城跡、多治比猿掛城跡を総称したもので、 昭和15年8月30日に国指定史跡となり、昭和63年2月共に国史跡として追加指定ならびに名称変更されました。 <郡山城跡> 郡山城は、南北朝時代、安芸国吉田庄の地頭として定着した毛利氏が、その勢力を拡大していくなかで、一貫して本拠とした山城です。 城は、はじめ郡山東南の一支尾根でありましたが、毛利元就(1497?1571)の時には標高約400m、比高約200mの郡山全山に拡大されました。 城域は、東西約1.1km、南北約0.9kmで、南側の麓には内堀が巡り、城内には270段余の平段や、大通院、洞春寺、常栄寺、満願寺などの寺院も建立されました。 またこの城下には、祇園縄手、家取縄手、たて縄手などの道路が整備されて、三日市、六日市、十日市などの市と町が形成されていました。 <多治比猿掛城跡> 多治比猿掛城跡は、明応9(1500)年毛利元就が4歳の時、父弘元に連れられ郡山城から移り27歳で郡山城の宗家相続までの青少年期を過ごした城です。 郡山城跡から北西4kmに位置し前面を多治比川が流れ、本丸の標高は376m、比高120m、本丸の南側には土塁、堀切があります。出丸・物見丸などもあり中世山城の特徴をもつ城跡です。

INFORMATION

TEL
0826-47-4024
URL
http://akitakata-kankou.jp/navi/郡山城跡/
お問い合わせ先
安芸高田市商工観光課
アクセス
郡山城跡の麓までのアクセス
○バス  広島バスセンターから吉田出張所行き(約1時間30分)、安芸高田市役所前下車 徒歩5分
○自動車 中国自動車道「高田インター」から20分
○JR  芸備線向原駅からタクシー20分
※向原駅から吉田へのバスは、日曜日・祝日がお休みです。平日・土曜日は運行していますが、便数が少ないです。

ACCESS

所在地・アクセス情報

地図

Route

周辺情報
  • 観光する
  • グルメ
  • 宿泊
  • ショッピング
  • 交通拠点
  • 駐車場・駐輪場
主要な交通拠点からの行き方
  • 広島駅
  • 広島空港
  • 岩国駅
  • 岩国錦帯橋空港
SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています