八幡湿原

北広島町の八幡高原に点在する湿原は、日本の湿原の分布においてほぼ南限地帯にあたります。
古くは1950年代の総合学術調査で、現在では中間湿原の代表群落となっているヌマガヤーマアザミ群集が、ここ八幡湿原で発見命名され、一躍世界にその名を知られた学術的にも大変価値の高い湿原です。
かつては八幡高原には多数の湿原が存在したといわれていますが、現在では尾崎谷湿原、奥尾崎湿原などが周辺部に点在しているにすぎません。
この湿原は、北広島町民だけではなく全人類にとって自然が与えてくれた、かけがえのない遺産です。 春にはコブシ、夏にはカキツバタなど、四季折々の湿地性の植物が訪れる者の目を楽しませてくれます。
※気軽に散策できるのは「芸北高原の自然館」すぐそばの 「水口谷湿原」「霧ケ谷湿原」です。木道も整備してあり散策にぴったりです。

INFORMATION

住所
〒731-2551 広島県北広島町東八幡原
TEL
0826-35-0888
URL
http://www.kitahiro.jp/sightseeing/yawatashitugen/
お問い合わせ先
観光協会芸北支部
アクセス
車 中国自動車道戸河内ICから約35分
駐車場情報
有り(無料)

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています