大竹手すき和紙の里(大竹市)

小瀬川の清流に恵まれ、江戸時代から伝えられる手すき和紙の伝統を今なお受け継いでいます。
おおたけ手すき和紙保存会のみなさんが原料のコウゾから育て、鯉のぼり用の紙や、ふすま紙、障子紙などさまざまな和紙をつくっています。丈夫で美しい仕上がりが特徴です。
見学や体験学習も受け付けています。
見学や紙漉き体験をご希望の方は、1週間前までに電話予約のうえお越しください。

INFORMATION

住所
〒739-0631 広島県大竹市防鹿3365
TEL
080-6311-6661
お問い合わせ先
おおたけ手すき和紙保存会・中本
080-6311-6661
営業時間
10:00〜12:00 13:00~16:00
定休日
要問い合わせ(2月から6月頃、9月から12月頃まで受入可能)
アクセス
山陽自動車道「大竹IC」から車で約10分
JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分
駐車場情報
有(マイクロバス1台・普通自動車3台程度)
料金
体験材料費など要問い合わせ 

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています