神楽鑑賞(北広島町 道の駅舞ロードIC千代田ほか)

芸北神楽とは、秋の実りに感謝し、奉納する舞いに神話や伝説を取り入れて神楽化したもの。島根県西部の石見地方から山県郡全域に伝わった「旧舞」と言われるものと、石見地方から高田郡を経て終戦後に伝わった「新舞」と言われるものとが北広島町東部で合流し、この地方の民俗芸能として伝承されています。
山県郡、安芸高田市など芸北地域一帯は特に神楽が盛んな地域として知られています。 神楽の里・北広島町では、テンポの比較的緩やかな味わいのある神楽とされる「旧舞」を伝承するもの、またスピード感ある演舞を特徴とする「新舞」を得意とするものあわせて約70の神楽団が北広島町内で活動しています。この数は日本一と言われています。
最近では落成式や結婚式の余興などでも神楽が舞われるようになり、広島のあちらこちらで芸北神楽が見られるようになりました。
北広島町の神楽は、主に夏から秋口にかけて盛んに行われます。 この時季には、数団体が演舞を競い合う「競演大会」や「発表大会」などが町内各所で開催されます。また秋には神社への奉納神楽も行われるので、チェックして下さい。

INFORMATION

TEL
0826-72-6908 IP電話:050-5812-6908 
FAX
0826-72-6905
お問い合わせ先
(一社)北広島町観光協会
料金
<舞ロード神楽の日>
アクセスの良い、道の駅舞ロードIC千代田で毎月無料(ただし、当日のきたひろ市場のレシート掲示が必要)で1演目を見ることができます(先着80名限定)。普段の競演大会などでは見ることができない神楽団も出演するので、神楽マニアもビギナーも見逃せません。
[開催場所]北広島町有田1122 道の駅舞ロードIC千代田内レストラン響
SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています