土手町南蛮樋

山口県平生町にあるこの南蛮樋は、慶安4年(1652)から万治元年(1658)にかけて、大野毛利の初代就頼により平生開作のときに造られたと推定されています。ロクロの心棒部分と樋門の樋蓋を縄でむすび、鉄製ハンドルを手動で回すことにより樋門を開閉させる仕組みとなっており、当時のオランダの技術を取り入れた樋門として県の文化財に指定されています。河川改修工事により平成27年12月に移築・復元されています。

INFORMATION

TEL
0820-56-6083
お問い合わせ先
平生町教育委員会
アクセス
山陽自動車道熊毛ICまたは玖珂ICから車で約30分
JR柳井駅から防長バス徳山方面平生②バス停下車(所要時間約15分)後、徒歩約5分
駐車場情報
なし
近くに役場駐車場または平生町スポーツセンター駐車場あり。(無料)
料金
無料

ACCESS

所在地・アクセス情報

SHARE

VISITORS ALSO VIEWED

このページを見た人はこんなページも見ています