ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.02 道の駅世羅
世羅町のスタイリッシュな道の駅で
旬情報を丸ごとゲット!

世羅町出身の彫刻家杭谷一東氏によるアート作品。子どもたちの遊び場としても大人気!

世羅I.Cを降りるとすぐに見えてくる、ガラス張りのスタイリッシュな建物と白いオブジェ。「エッ?!これって道の駅?」と一瞬戸惑うかもしれませんが、実は世羅町観光協会が直接運営する「道の駅世羅」なんです。ここには地元で話題のグルメ情報や産直野菜&果物、オリジナル開発商品や特産品などがズラリと並びます。また、昨年の「中国やまなみ街道」開通にちなんで、沿線エリアの道の駅と連携したイベントも定期的に開催しているとか。EV充電スタンドも設置された最新の道の駅。新しい発見に出会えることを期待しつつ行ってきました。

隠れグルメを見~つけた♪

リピーターが続出中の「世羅ブレンド」250円

多い時には1日300杯は売れるほどの人気なのが、知る人ぞ知る「世羅ブレンド」。さっそくオーダーして飲んでみると…、なるほど!雑味のないコク深い味、さらにスッキリとした後口。それなのにこの値段とは驚きです。きっとコーヒー通もうならせるはず。
続いていただいたのが、昼食におすすめメニューの「六穀豚のデミトマトカツ丼」。揚げたてサクサクの衣から六穀豚の旨みと甘みがあふれ出し、その肉汁と絡み合う世羅ワインのデミソースも美味~!
そのほかにも、世羅産のお茶やワイン、人気店の石窯パン(おへそカフェ&ベーカリー)、世羅産の大豆のおからと麹でつくる「おかずみそ」(ピートラボ)など、目移りしそうなこだわりのグルメが顔を並べ、お土産選びにワクワクしてきますね!

「ドリップBag」1パック180円は超お値打ち!

ジューシーなカツが堪能できる「六穀豚のデミトマトカツ丼」900円

「世羅ワイン」がグラス1杯のパウチパックに。「1杯の世羅」(120ml 赤500円、白500円)ぜひお試しあれ!

イベントやパブリックビューイングも楽しみのひとつ!

世羅町の情報発信基地の役割も担う。世羅町のことなら何でもお任せを!

町内の情報だけでなく、近隣の特産品や全国の名物を発信することもあるのが、ここ「道の駅世羅」の魅力です。例えば8月は毎日「全国道の駅のご当地カレー」フェアを開催中。全国各地のレトルトカレー28種類を取りそろえています。北海道の「しろくまカレー」や山形県の「さくらんぼカレ―」など、ご当地を代表する珍しい種類もいろいろ目に留まります。カレー好き、興味のある方はぜひ!
大型スクリーンを設置したスペースでは「駅伝王国世羅」らしい駅伝大会のビデオや今年も快進撃を続ける広島カープ戦などの、パブリックビューイングを定期的に開催しているそう。スポーツ観戦で大盛り上がりするのも楽しそうですね!

周辺には自然満喫スポット&有名カフェも!

「“噂のベーカリー”に行ってみようかな♪」

世羅町には自然豊かな農園や農場などが豊富にあって、季節の味覚狩りや花の見ごろといった旬の情報も、同駅に立ち寄ればいち早くキャッチできます。これからの季節は梨やぶどう狩り目当てのお客さんが多いそうです。古民家を使った素敵なベーカリーカフェもあるので、農園&農場めぐりの前後に足を運んでみるのもおすすめ。詳細は観光協会スタッフに聞いてみて!

「世羅町の“旬”を探しにお立ち寄りください!」世羅町観光協会の土田さん

気軽に立ち寄れるEV充電スタンドが好評

「道の駅世羅」の詳しい情報はこちら

(2017年7月取材)

SHARE