ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.06 たけはら町並み保存地区
歴史、文化が息づく
古い町並みを訪ねて

「安芸の小京都」と呼ばれる竹原市の町並み保存地区

「安芸の小京都」と呼ばれる竹原市の町並み保存地区

最初に出会ったのが、路地裏からひょいとあらわれた白黒猫。「こんにちは!」と目で挨拶したら、迷路のように小路が巡る古い町並みのどこかへ消えてしまった。
今回の目的地「たけはら町並み保存地区」。広島ICから約30分、河内ICを降りてさらに車を走らせること約20分の場所。近くの「道の駅たけはら」で、まちあるきMAPを入手して、いざ町並み探検へ!

路地裏観光課長に任命された猫の「漱石」もいるらしい

路地裏観光課長に任命された猫の「漱石」もいるらしい

往時の雰囲気をそのままに残す小路

往時の雰囲気をそのままに残す小路

地元のおいしいものにもたくさん出会える「道の駅たけはら」

地元のおいしいものにもたくさん出会える「道の駅たけはら」

繊細な技と温もりを実感できる竹細工

竹細工の魅力が詰まった「まちなみ竹工房」

竹細工の魅力が詰まった「まちなみ竹工房」

メイン通りの「本町通り」に出てみると、「安芸の小京都」と呼ばれるにふさわしい情緒たっぷりの町並み。通りの先の先まで漆喰の壁と美しい格子窓が連なり、まるで江戸の昔にタイムスリップしたみたい。
北へ、北へ歩いていると、ふと右手に「まちなみ竹工房」という文字と可愛い竹の風車。中には竹原市竹工芸振興協会の会長有田さんが仲間とともに居られたので、お話を伺うことに。「昔ながらの竹細工の良さを皆さんに知ってもらおうと会員約50人が一生懸命腕を磨いて、竹製品の実演や販売をしています。体験もできますよ!」と有田さん。

「風車はお子さんも簡単に作れます。楽しいですよ」と有田さん

「風車はお子さんも簡単に作れます。楽しいですよ」と有田さん

一つひとつひごから作って、すべて手で編み上げた竹製バッグ。最近はカラフルなものも売れ筋

一つひとつひごから作って、すべて手で編み上げた竹製バッグ。最近はカラフルなものも売れ筋

町並みを見守る神様とは…

メインストリートでひと際存在感のある「胡堂」

メインストリートでひと際存在感のある「胡堂」

工房を後にすると、通りの北端に、でんと鎮座する「胡堂」。眺めていると「ほら、あそこの屋根の先に見えるでしょ?…」と、お堂の周りを掃除していた女性がにこにこしながら話しかけてきた。商売繁盛の神様「胡堂」の屋根の先端に縁起物の鶴、亀、茄子、蕪が飾られていること、その1つ1つの意味もわかりやすく教えてくれた。

もうすぐ年に1度の「えびすまつり」があることも教えてくれた

もうすぐ年に1度の「えびすまつり」があることも教えてくれた

お酒好きにはたまらないセレクト

築150年の蔵の一部を交流の場にした「藤井酒造 酒蔵交流館」。お酒はもちろん厳選された品々が並ぶ

築150年の蔵の一部を交流の場にした「藤井酒造 酒蔵交流館」。お酒はもちろん厳選された品々が並ぶ

胡堂を過ぎて、突きあたりを左に小路を進むと「藤井酒造 酒蔵交流館」。館内には日本酒の試飲コーナーをメインに、お酒を楽しむための粋な器、酒米や酒粕を使った食品、化粧品など趣向を凝らした商品がずらり。なかでも一番興味をそそられたのが「酒蔵アイスもなか」。ひと口食べると、封じこめられた酒粕が一気に香りたつ。スッとした口どけも、う~ん、美味~。

「季節限定やオリジナルのお酒もありますよ」と藤井酒造の社長さん

「季節限定やオリジナルのお酒もありますよ」と藤井酒造の社長さん

代表銘柄「龍勢」「宝寿」の純米大吟醸など数々のお酒

代表銘柄「龍勢」「宝寿」の純米大吟醸など数々のお酒

社長自ら目利きした器も魅力。しかも安価

社長自ら目利きした器も魅力。しかも安価

土と木でできた酒蔵の趣とともに美酒、雑貨が楽しめる

土と木でできた酒蔵の趣とともに美酒、雑貨が楽しめる

竹原が誇る三大蔵元の一つ「藤井酒造」の酒蔵一角を開放

竹原が誇る三大蔵元の一つ「藤井酒造」の酒蔵一角を開放

昔風情を残す場所はほかにもたくさん!

江戸時代に建てられた「復古館」の離れ座敷で、後年光本家が居住した「光本邸」

江戸時代に建てられた「復古館」の離れ座敷で、後年光本家が居住した「光本邸」

さらに先に進むと左手に「光本邸」。外から見える位置のお座敷に、秋のお花を生ける女性の姿。あまりに素敵な様子なので見ていたら、「どうぞ~」との声。上がると手入れのされた閑静なお庭が目の前に。「町並み散策の休憩所に気軽に利用していただけたら…」と、先ほどの女性。隣の土蔵「今井政之 陶芸の館」の見学と併せて立ち寄るのにぴったりな和みの間だ。
ぐるりひと巡りしただけで、古い町並みを慈しみ大切に残したいと願う人たちに出会え、おもてなしの気持ちも伝わってきて、なんだか嬉しくなってきた。まだ見残している場所もたくさんあるので、今度またゆっくり訪れたいな~と思った。

散策にちょうどいい季節を感じ、ほっと心落ち着く時間

散策にちょうどいい季節を感じ、ほっと心落ち着く時間

訪れる人をそっと迎え入れてくれるお座敷

訪れる人をそっと迎え入れてくれるお座敷

秋深まる頃は紅葉も楽しみな「光本邸」の庭

秋深まる頃は紅葉も楽しみな「光本邸」の庭

「光本邸」の後に立ち寄った「旧笠井邸」。2階窓から本町通りの眺めが抜群

「光本邸」の後に立ち寄った「旧笠井邸」。2階窓から本町通りの眺めが抜群

レトロモダンな洋風建築が目を引く「竹原市歴史民俗資料館」

レトロモダンな洋風建築が目を引く「竹原市歴史民俗資料館」

「竹原市歴史民俗資料館」にて。竹原ゆかりの偉人たちについて学ぶ

「竹原市歴史民俗資料館」にて。竹原ゆかりの偉人たちについて学ぶ

竹原市について詳しくはこちら

竹原市重要伝統建造物保存地区について詳しくはこちら

SHARE