ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.07 紅葉谷公園(岩国市)
歴史散策も楽しめる
紅葉スポット

深紅のモミジと黄色いイチョウのコントラストに目を奪われる

深紅のモミジと黄色いイチョウのコントラストに目を奪われる

山口県の代表的な観光地「錦帯橋」から徒歩わずか5分のところにある紅葉谷公園。錦帯橋を渡って、桜の名所でもある「吉香公園」を通って紅葉谷公園へ向かうコースがおすすめ。11月中旬にもなると、このコースは約1000本もの色鮮やかな紅葉風景に包まれる。イロハモミジを中心にした多彩なモミジなど種類も豊富な樹木。色づきの時期が少しずつずれているため緑、黄、橙、赤など見事なまでの葉っぱのグラデーションが楽しめる。

紅葉の素晴らしさのみならず、ここの魅力は数々の歴史跡も観賞できること。もともと、この辺りは江戸時代から「寺谷」といわれるほど寺院が集まっていた。その寺院跡地を公園として整備したため、由緒ある見どころがいくつもある。現在は枯山水庭園のある「永興寺」、臥龍梅の咲く「洞泉寺」などが残る。それぞれの建物を背景にした紅葉の風景は1つとして同じ景色がなく、歩くたびに新たな感動を与えてくれるはず。

アクセス
山陽自動車道岩国ICから車で約10分

紅葉のトンネルをくぐったり、歴史的名所を巡れる散歩道

紅葉のトンネルをくぐったり、歴史的名所を巡れる散歩道

吉香公園ではサクラやクスノキの老木、巨木、香川家長屋門など貴重な有形文化財も見られる。緑のビロードのように苔むした庭園も風情たっぷり。

こちらもおすすめ!紅葉スポット

三段峡(安芸太田町)

西日本唯一の国の特別名勝地。そそり立つ峡谷の間を流れる清らかな川、水面に映る美しい紅葉は、まるで中国の桂林のように神秘的といわれている。延長約16kmにも及ぶ峡谷には三ツ滝、三段滝、二段滝に黒淵、猿飛など変化に富んだ自然の造形物が点在する。渡し船もあるので、のんびり船に揺られながら幽玄の世界に浸るのもいいかも。

アクセス
車:中国自動車道戸河内ICから三段峡正面口まで約10分
公共交通機関:広島バスセンターから高速バスで約1時間15分
三段峡

全長30mの三段からなる豪快な「三段滝」はぜひ押さえておきたい名所

全長30mの三段からなる豪快な「三段滝」はぜひ押さえておきたい名所

佛通寺(三原市)

臨済宗佛通寺派の大本山である佛通寺は、県内屈指の紅葉の名所として知られる。シーズンにはモミジやカエデが境内を豊かに彩り、参拝者をはじめ多くの観光客で賑わう。なかでも参道を覆うように続く紅葉の景色は、格別の美しさ。

アクセス
JR三原駅から車約30分 または
山陽自動車道本郷ICまたは三原久井ICから車約20分
佛通寺

境内や参道など思わずカメラを構えたくなる風景があちこちに

境内や参道など思わずカメラを構えたくなる風景があちこちに

宮島 紅葉谷公園(廿日市市)

霊峰・弥山のふもとに流れる紅葉谷川沿いに広がる公園。秋には約700本の紅葉が燃えるように色づく様子は圧巻。特に、ひと際深い赤色に染まるイロハカエデと「もみじ橋」の風景は、撮影ポイントとして人気が高い。

アクセス
山陽自動車道大野ICから車で約10分「宮島口桟橋」、そこから船で約10分「宮島桟橋」下船後、徒歩約20分
紅葉谷公園

秋の宮島らしい風景を収めるなら、紅葉谷公園入口に架かるもみじ橋へ

秋の宮島らしい風景を収めるなら、紅葉谷公園入口に架かるもみじ橋へ

深山峡(東広島市)

東広島市の竹林寺用倉山県立自然公園内にある深山峡。椋梨川沿いの総延長約4㎞に渡る渓谷には夫婦岩や猿岩など奇岩が連なり、紅葉シーズンにはこの切り立った絶壁に赤や黄色に染まった木々が彩りを添える。その美しさは漢学者の頼山陽が「安芸の耶馬溪」と絶賛したと語り継がれているほど。

椋梨川の中州にある夫婦岩展望園地からは、美しい渓谷と山々の紅葉が一望できる。親水公園として整備されたこの園地自体にもたくさんのモミジやイチョウが植栽され、美しい紅葉に囲まれながら夫婦岩が間近に望める絶好のシャッターポイントだ。穏やかなお天気の日はファミリーでお弁当を広げたり、夏場は水辺で子どもが水遊びも楽しめる格好の場所。ひと足のばせば巨大な岩壁から水が滑り落ちる「姫ヶ滝」もあるので、時間に余裕があれば紅葉と滝の饗宴も楽しんでみよう。

アクセス
山陽自動車道河内ICから車で約20分

深山峡は県内でも5本の指に入る紅葉の名所

深山峡は県内でも5本の指に入る紅葉の名所

最新の紅葉情報はこちら

SHARE