ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.23 坂町 アジアンリゾートスパ
アジアンリゾートのテーマパークへ!

広島市内から高速道路で約30分、JR坂駅前のショッピングモール「パルティ・フジ坂」の中に「アジアンリゾート」があると聞いて興味津々。誰にも邪魔されず、ひとりでゆったりとした休日を過ごすもよし、なかよし3人組で女子会をするにもぴったりな24時間いつでも開いている天然温泉「Seare(シーレ)」。アジアンな1日プチ旅行気分を満喫してきました。では、その過ごし方をご紹介します!

アジアンリゾート

ショッピングモールの中に「アジアンリゾート」を発見。私が体験レポートしてきます!

受付

AM10:30 受付をすまして、まずは温泉へGO!

地下1000mから湧き出た天然温泉を大浴場と露天風呂に使っていて、冷え症や疲労回復にも効果があるらしい。露天風呂は「観音泉」と「仁王洞」があって、注目はなんといっても洞窟を模したお風呂の「仁王洞」。自然の懐に抱かれるような不思議なパーソナル感が魅力。本物の洞窟のようなオブジェを彩る幻想的なスポットライト。畳デッキ、チェアなどで休憩しながら、ゆったりと長湯が楽しめますよ。(仁王洞と観音泉は男女が1週間ごとに入れ替わります・毎週月曜)

観音様

観音様がいる「観音泉」は開放的な空の下。

仁王像

「仁王像」が印象的な洞窟温泉は結構広い。薄暗い感じがミステリーツアーみたい。

洞窟の中に

洞窟の中に包まれた感じでリラックス~。後ろに仁王像が控えているし、女王様になった気分も満喫!

釜風呂

源泉かけ流しの「釜風呂」

釜風呂

お湯の感じを確かめながら、いざ釜湯の中へ!

釜風呂

「一寸法師」になった気分

寝っころんで湯!

朝の光を浴びながら寝っころんで湯!

含弱放射能-ナトリウム-塩化物強塩温泉

泉質は「含弱放射能-ナトリウム-塩化物強塩温泉」

畳コーナー

畳コーナーでゆっくり休んで、また温泉につかって、また休んで・・・永遠につづきそう

水素バス

女性専用の水素バス!話題の水素パワーを初体感

塩サウナ

露天風呂には塩サウナも!塩を肌に塗ることですべすべなお肌に。
この他にも、浴室内にはサウナの本場、フィンランドで行われている熱気浴「オートロウリュ」が中国地方で初めて導入されています。熱気とアロマのリラックス空間で、カラダに無理なく発汗を楽しめちゃう!

シーサー

ところどころに沖縄の守り神「シーサー」が。悪霊を追い払う魔除けらしい。

ランチタイム

PM12:00 ランチタイム

そろそろお昼時、お腹もすいてきたし、沖縄創作料理の「海人」でランチタイム!
南国のエキゾチックな味わいはもちろん、和風料理まで幅広いメニュー構成がうれしい。写真は上から、ヘルシーセット(1000円)、食感が楽しめる「海ぶどう」(400円)に、沖縄名物「ソーキそば」(650円)、支配人のおすすめ「揚げ出しジーマミー」(350円)

ランチタイム

ランチタイム

ランチタイム

カウンター席

アジアンな雰囲気の店内は、カウンターからボックス席まで、どんなグループにも対応できるようになっている。今日は「おひとりさま」なので、私はカウンター席に。沖縄のお酒「泡盛」もグラス430円~とお酒好きにはたまらないかも。

TVを見ながらリラックス

PM13:00 食事のあとは、午後のまどろみタイム。TVを見ながらリラックス~。

キャンドルの灯

漫画を読んだり、サウナに入ったり、岩盤浴したり・・・1日中いても全くあきない。水面に揺れるほのかなキャンドルの灯が優しい。

アロマサウナ

香りに癒されるアロマサウナ

クールサウナ

15分おきに、雪が降るクールサウナ

昼寝をするためにあるようなスペース

もう、昼寝をするためにあるようなスペース。目を閉じて・・・ぐっすり。

SEV融合岩床浴

希少価値の高い北投石、ブラックシリカとSEV融合岩床浴。岩床浴は鉱石の放出するマイナスイオンと遠赤外線が、体の深くまで伝わる負担の少ない温浴療法。汗と体内の老廃物排出を促すだけでなく、発汗によって血液やリンパ液などの循環を促進して、細胞の活性化、免疫力アップ、代謝アップなどが期待できるらしい。もちろん、美容と健康にも!

自然療法エステ

16:00 そして、本日のメインイベント「自然療法エステ」を体験!

人の手で、癒されるってこういうことだったのね。そんな気持ちになるオールハンドトリートメントのリラクゼーション。心もカラダもキレイになる感じが、また来たいっていう気持ちになりますね。30分4500円~のトライアルコースもあるので、気になる方はぜひ試してみて。

角戸支配人

最後に、今回の体験レポートを丁寧なおもてなしでサポートしてくれた角戸支配人の笑顔にもめっちゃ癒されました!今度はプライベートでゆっくり来てみたいです。ほんとにありがとうございました。

坂町の特産品をご紹介!

その名は「広島ようようビール」。「ようよう」とは坂町の方言で「ありがとう」の意味。2017年12月、坂町特産のムラサキ麦を原料に使ったこのビールが発売されました。
もともとムラサキ麦は本来うどんなどに加工されるモチモチ食感の麦で、ビール作りには向かないらしいのですが、広島産の原料にこだわりたかった人たちによってビール作りがはじまったのです。
話を持ってきたのは原料のムラサキ麦を使ってほしいJA安芸。そして醸造を担う呉ビール、販売する酒商山田、広報を担当する坂町役場の4者がチームを組んで試行錯誤の末に完成させました。
ビールは発売と同時に「あっさりしながらもコクがある」と評判になり、すぐに一回目の800リットルが売り切れ。今年3月に再度800リットルを発売すると、これもあっという間に4月には売り切れる事態に。
そして今年12月に、2018年版の発売を予定しています。「ようよう」だけに、前途洋々なスタートを切った「広島ようようビール」。この冬、限定品のお土産になることは間違いありません!

広島ようようビール

坂町役場の河野さん

「広島ようようビール」の広報を担当する坂町役場の河野さん。取材ご協力ありがとうございました!

アジアンリゾート・スパ シーレ について詳しくはこちら

(2018年10月取材)

SHARE