ぶらり ひろたびぶらり ひろたび

Vol.26 田布施町 いちご狩り
いちごのダブル体験!!で笑顔満開

 

山陽自動車道熊毛ICから車を走らせること約20分。山口県田布施町の観光農園「ファームランド」は、日常を忘れてしまいそうなほど、のんびりとした山村風景の中にある。今日の目的はいちご狩り。でも、ここはただ収穫するだけの観光農園ではありません。ほかにも美味しくて、楽しいことがめいっぱい体験できるのです。さてさて、どんなことが待っているんでしょう?

いちご

艶々~、香り豊かな「紅ほっぺ」を収獲

ゲストルームにて受付を済ませたら、今日の流れについて1組ずつ丁寧に説明を受けることができる。いざビニールハウスへ!

いちごハウス

いちご狩りができるハウスは3棟あって、私が今日収穫するのはここです。楽しみ♪♪。

ビニールハウスの中

ハウスの中は予想以上にぽかぽか。そして意外だったのが、いちごが土ではなく、地上から1mほどの高い場所で栽培されていること。これは「高設栽培」といって、いっさい土を使わず養液でいちごを育てる栽培法。

いちごに害虫などがつきにくくて、もちろん土で汚れないためとても清潔。虫が苦手な人(私もその一人)は嬉しいし、立ったまま収穫できて楽ちん。

いちご狩り

大粒のいちごがたくさん。いちごは「紅ほっぺ」という品種で、甘みと酸味のバランスが絶妙、そして豊かな香りが特徴。辺り一面甘~い空気が流れている。

さっそく収穫の仕方を、社長さんに教えていただく。先端部(三角の尖った方)を上に向けて、クッと押すと、あら不思議!簡単に取れた。

摘み方

引っ張らなくても、この摘み方だと実や葉を傷つけずに済むのだとか。なるほど!

いちご

見て見て~、これも大きくて真っ赤!おいしそう!

どんどん摘んでしまいそうだけど、実はここ、食べ放題ではなく量り売り形式なので気を付けて。ギュウギュウに詰め込んでしまうと、いちごが傷んでしまうことも。ちなみに1パック(約300g)750円~(季節により変動)。

パック

というわけで、根元までしっかり色づいた粒の大きなものを選びながら、食べられる量だけ摘みました。

クレープ作りや楽しいアトラクションも

収穫後はゲストルームへ。ここからがお待ちかね、いちご体験第二弾!1組ずつ席が用意してあって、なんと、ここではクレープ作りが体験できるんです!

ゲストルーム

いちごをイメージ?したピンクカラーが可愛いゲストルーム

体験の前に、やっぱりいちごだけの味を楽しんでおこう!

パクリッ!

パクリッ!甘い、甘~い香り。口に入れた瞬間実がはじけるよう。これだけでも十分満足だけど、スイーツに目がない私はまだまだこれから・・・。

生クリームがのったクレープ生地が出てくるので、摘んできたばかりのいちごを好きなだけカットしてトッピング。くるくる巻いたら出来上がり。「う~ん、簡単でおいしい!」。これなら小さいお子さんも、お母さんと一緒に挑戦できそう。

クレープ

いちごのジューシーさと生クリームがマッチング。

いちご狩り体験の入園料金の中には、クレープ作り体験やいちごジャム(もちろん手作り)がのったゼリーやビスケット、ドリンクのセットも含まれている。

イチゴ三昧

いちご三昧~~、なんて幸せ!

お腹に余裕のある人は、ファームランドで作られた無農薬米を使ったおにぎりとうどんのセットや、オリジナルスイーツもいろいろあるので、ランチを兼ねてゆっくり過ごせます。

ランチ

実は「ファームランド」はもともと米農家だから、お米の味には自信あり。そして、うどんの上にのった山菜も、サラダの野菜もここで収穫されたもの。

ファームランド米

せっかくならお土産に、無農薬米「ファームランド米」(コシヒカリ)500円を

ジャム

ファームランドの完熟いちごを使った無添加のジャムも販売。1個450円。

「ボンッ!!!」え~っ!?大きな爆発音と思いきや、なんとポン菓子。リピーターも多い「ファームランド」では、家族連れも楽しめる企画をいろいろ工夫している。

ポン菓子

昔懐かしのポン菓子。爆音には驚いたけど、皆大喜び。

ユニークな形のトラクターや自転車などもあって、希望すれば試乗OK。実はこれらの乗り物やポン菓子の機械もすべて車好きのファームランド代表・時永さんお手製。驚き!!いちご狩りの後、外は子どもたちの遊び場として大人気。

トラクター

「来てくださる皆さんが笑顔になっていただきたく、これからもいろいろな企画や制作をして一緒に楽しめる場所にできれば。ぜひ遊びにきてください」(時永代表<左>)
「この辺りは高地のわりに冬も比較的温暖で雨が少なく雪もほとんど降らない、甘くておいしいいちごが育つ気候条件をしっかり備えているんですよ」(池迫社長<右>)

時永代表・池迫社長

広島からドライブがてら遊びに来るのにちょうどいい距離にある「ファームランド」。収穫だけではなくて、趣向を凝らした体験がいろいろできるのも魅力的なスポットへ、ピクニック気分でおでかけしませんか。ただし混雑といちごの不足がないように完全予約制になっていますのでご注意ください。

ファームランド

田布施町観光農園「ファームランド」について、詳しくはこちら

(2019年1月取材)

SHARE