ひろしま神楽ひろしま神楽

広島市内の神楽団上河内神楽団

かみごうちかぐらだん

神楽団の紹介/
記録によれば明治の初めごろに有志9名により結成され、現在は、主に佐伯区五日市町河内地区に居住する団員で構成。過去には、伊勢十二神祇神楽の34の演目を舞っていたとの記録があり、現在ではその内の20程度の演目を中心に、2年に1回(奇数年)、傘火や吹火などの手作り花火とともに奉納している。

代表者名(役職)/大原博實(団長)
連絡先/ 082-555-2640
神楽団の創設時期/明治の初期
団員数/大人15名子供10名
保持演目/十二神祇(関舞ほか20程度)
地元神社/河内神社
地元神社での上演時期/ 10月第2日曜日の前夜(下河内神楽団と交互に1年毎に交代で奉納)
過去の上演実績/河内神社の秋祭り(2年に1回)、平成26年広島県神社関係者大会
出張神楽上演/不可

SHARE