ひろしま神楽ひろしま神楽

ひろしま神楽 演目紹介葛城山土蜘蛛

かつらぎざんつちぐも

"源頼光(みなもとのらいこう)が「瘧病(おこりやまい)」に掛かり寝込んでいるところに、卜部季武(うらべすえたけ)、坂田金時(さかたのきんとき)がご機嫌伺いに訪れます。
頼光は、いま侍女の胡蝶に典薬(てんやく)の守(かみ)に薬を取りに行かせており、もう帰る頃だから安心して休むように命じて下がります。
やがて胡蝶が寝所を訪れ、典薬の守からもらって来たという薬湯を勧めます。勧められるままに頼光がその薬湯を飲むと、さらに具合が悪くなり倒れてしまいました。実は胡蝶は葛城山に棲む土蜘蛛で、頼光に恨みを抱き毒殺しようとしたのです。深夜になり、胡蝶は頼光に病状を尋ねます。そして今がチャンスとばかりに胡蝶が土蜘蛛の本性を現し頼光に襲いかかります。しかし頼光は、名刀膝切丸(めいとうひざきりまる)を振るい一太刀浴びせると土蜘蛛は逃げ去ってしまいます。
この騒ぎを聞きつけた卜部季武、坂田金時は土蜘蛛の血痕を頼りに葛城山にたどり着き、土蜘蛛を見つけ激しい戦いの末、土蜘蛛を退治するという物語です。

葛城山土蜘蛛1
葛城山土蜘蛛2
葛城山土蜘蛛3
葛城山土蜘蛛1のナビゲーション
葛城山土蜘蛛2のナビゲーション
葛城山土蜘蛛3のナビゲーション

ひろしま神楽のイベント情報

SHARE