ひろしま神楽ひろしま神楽

ひろしま神楽 演目紹介大江山

おおえやま

丹波の国、大江山に酒呑童子(しゅてんどうじ)という悪鬼が茨木童子(いばらぎどうじ)や唐熊童子(からくまどうじ)ら多くの手下を従えてたてこもり、都や付近の村里に出没しては暴れまわり、良民を苦しめていました。
時の帝一条天皇は、武勇の誉れ高い源頼光(みなもとのらいこう)に征伐を命じました。勅命を受けた頼光は渡辺綱(わたなべのつな)、坂田金時(さかたのきんとき)ら四天王を引き連れ、山伏修験者に変装して大江山へ向かいます。
道中、草刈り人夫の栗木又次郎(くりきまたじろう)に大江山の様子を聞き、都から童子の手下に連れ去られていた紅葉姫に、童子の住む岩屋へ案内させました。
そして、都の穀で作った酒と偽り、神便鬼毒酒を酒呑童子らに飲ませ、遂に酒呑童子を征伐するという物語です。

大江山1
大江山2
大江山3
大江山1のナビゲーション
大江山2のナビゲーション
大江山3のナビゲーション

ひろしま神楽のイベント情報

SHARE