ひろしま神楽ひろしま神楽

ひろしま神楽 演目紹介滝夜叉姫

たきやしゃひめ

平安末期、下総(しもうさ)の国で朝命に逆らい、自ら親王(しんのう)と名乗っていた平将門は、朝廷の命を請けた、いとこの平貞盛と藤原秀郷(ふじわらのひでさと)(俵藤太)のためにあえなき最期を遂げてしまいます(天慶の乱)。
父の意志を継ぎ恨みを晴らそうとした娘の五月姫は、京都の鞍馬にある貴船神社に祈願し妖術を授かります。
自らを滝夜叉姫と名乗り、下総の相馬の城に帰り、多くの手下を集め朝命に背き天下に災いをなします。
そこで朝廷の命を請けた大宅中将光圀(おおやのちゅうじょうみつくに)が陰陽の霊術をもってめでたく成敗するという物語です。

滝夜叉姫1
滝夜叉姫2
滝夜叉姫3
滝夜叉姫1のナビゲーション
滝夜叉姫2のナビゲーション
滝夜叉姫3のナビゲーション

ひろしま神楽のイベント情報

SHARE